日本語サイト

国際語としての日本語に関する国際シンポジウム/第三回日本研究大学院学会

本学会は終了いたしました。多数のご参加をいただきありがとうございました。

21世紀の今、外国語としての日本語使用者、継承語・バイリンガルとしての日本語使用者は急速に増加し、いわゆるノンネイティブ作家の日本語作品なども注目を浴びています。今後は日本語や日本語使用者の枠を柔軟にとらえ、世界中の多様な日本語や日本語社会、言語接触や文化混交についての研究や提言を行うこと、日本語を一地域言語ではなく国際語として捉える姿勢が求められています。本シンポジウムでは、世界最大の日系人集住地域を有するブラジル・サンパウロにて、日本語、日本文化、社会、アイデンティティ、文化混交に関する研究発表や実践報告を行い、日本語の国際化や言語政策について議論する場を提供します。そのため、日本語教育に限らず、文化、翻訳・文学、政策研究など、幅広い分野についての最新の研究成果や事例報告を募集します。関係の皆様のご参加をお願いいたします。

実行委員長
Leiko Matsubara Morales (サンパウロ大学)
松田 真希子(金沢大学)

学会開催日が近づいてきました。最新情報を随時「投稿(Recent Post)」ページで連絡しております。ご注意ください(2015年6月24日)。

 

※本国際シンポジウムは日ブラジル外交関係樹立120周年認定事業です

 

375px-Liberdade_sao_paulo

 

★ EJHIBという名前は当初の会議名のポルトガル語版  ” Simpósio Internacional sobre Ensino-aprendizagem de Língua Japonesa como Língua de Herança, Identidade e Bilinguismo”(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)に由来します)

5 Comments on “日本語サイト

  1. 國學院だが久野久野マリ子です。松田先生から教えて頂きました。
    もし、参加が可能なら、大学院生とともに参加希望します。

  2. Pingback: [JP]パネリスト情報アップしました | EJHIB2015

  3. 発表の申請は今からでも大丈夫でしょうか。

    • はい。ホームページにもあるとおり、締め切りは延期されています
      。3月10日が締め切りです。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

Follow

Get every new post delivered to your Inbox.