プログラム

プログラム

2015年8月6日現在> 

※プログラム(10日以降の発表順、会場)は変更になる可能性があります。

8月9日の開催場所は日系パラセホテルで、10日からのシンポジウムはサンパウロ大学の予定です。ご注意ください。

大会プレイベント

会場:NIKKEY PALACE HOTEL

住所:Rua Galvão Bueno, 425, Liberdade – São Paulo – SP BRASIL

CEP : 01506-000

http://nikkeyhotel.com.br/

89日(日曜日)

13:00-14:30 チュートリアル1 第一部
日本語話し方ワークショップ
講師:中川 千恵子(早稲田大学)
14:45-18:00 ュートリアル1 第二部
日本語オンラインアクセント辞典 “OJAD”(ポルトガル語対応)
ワークショップ
講師:峯松 信明 (東京大学大学院)

 

本会議1日目

会場:サンパウロ大学日本文化研究所講堂

Auditório Kensuke Tamai

Casa de Cultura Japonesa da Universidade de São Paulo

Av. Prof. Lineu Prestes, 159 –  Cidade Universitária – São Paulo – SP

810日(月曜日)

8:30-9:15 受付(1階ロビー)
9:20-10:30 開会式開会挨拶

  • 中前 隆博(在サンパウロ日本国総領事館 総領事)
  • Bernadette Dora Gombossy de Melo Franco 教授 (サンパウロ大学、大学院学長室補佐)
  • Maria Arminda do Nascimento Arruda 教授 (サンパウロ大学、エクステンション学長室補佐)
  • Sérgio França Adorno de Abreu 教授 (サンパウロ大学、文学部部長)
  • Safa Alferd Abou Chahla Jubran 教授 (サンパウロ大学、文学部、東洋学科学科長)
  • 永江ネイデ久恵教授 (サンパウロ大学日本語・日本文学・日本文化大学院プログラムコーディネーター)
  • Madalena Natsuko Hashimoto Cordaro教授 (サンパウロ大学日本文化研究所所長)
  • カシオ・ジョゼ フェヘイラ准教授 (ブラジル日本研究協会会長)

120周年友好樹立記念メッセージ

“Breves considerações sobre o Tratado de Amizade Brasil-Japão”Prof. Dr. Masato Ninomiya (サンパウロ大学)

10:30-10:50 コーヒーブレーク
11:00-12:20 基調講演1“Superdiversity within the Japanese-Brazilian community: Exploring language and cultural maintenance among Japanese new- and oldcomers in Brazil”坂本 光代(上智大学)
12:20-13:20 昼食懇親会
13:30-14:50  大会企画パネル1[PR] [JP]ブラジル社会における日本語教育100年の歴史」司会  Leiko Matsubara Morales (サンパウロ大学)パネリスト
Zeila de Brito Fabri Demartini (サンパウロ大学)
Hiromi Shibata (パウリスタ大学)
Tizuko Morchida Kishimoto (サンパウロ大学)
丹羽義和 (ブラジル日本語センター)
15:00 -15:20 コーヒーブレーク
15:20-16:40 招待講演[EN] [JP])“Perceptual and structural analysis of pronunciation diversity of World Englishes”峯松 信明(東京大学大学院)
16:50-18:20 ラウンドテーブル1[JP]日本語教師のアイデンティティとビリーフ変容:3人のブラジルにつながる日本語教師のライフストーリー司会  古屋憲章(早稲田大学)話題提供者
Mayumi Edna Iko Yoshikawa  (国際交流基金サンパウロ日本文化センター)
向井裕樹(ブラジリア大学)
松田真希子(金沢大学)

 

本会議2日目

会場:サンパウロ大学日本文化研究所

A: Auditório Kensuke Tamai

B: Sala Multimidia da Casa de Cultura Japonesa

C: Sala de reunião da Casa de Cultura Japonesa

811日(火曜日)

9:00-11:00 受付(1階ロビー)
9:00-10:50 大会企画パネル2[JP] 日本の言語政策と言語接触司会:岡田 浩樹(神戸大学)パネリスト
中井 精一(富山大学)
本田 弘之(北陸先端科学技術大学院大学)
神吉 宇一(長崎外国語大学)
岡田 浩樹(神戸大学)
10:50-11:10 コーヒーブレーク
11:10-12:50 口頭発表:A1  日本語教育・日本語学 [JP]11:10-11:40
ブラジルの日本語教育の30年の歴史をふり返る継承語から外国語としての日本語教育へ
Sandra Terumi Takahashi Suenaga(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)11:45-12:15
南米日系社会における言語接触・言語移行のダイナミズム
ーブラジル、ボリビアの四つの日系地域コミュニティーの事例を通じてー
工藤 真由美(大阪大学)、森 幸一(サンパウロ大学)12:20-12:50
トランスナショナルな継承日本語教育北京在住日中国際結婚家庭の教育戦略
柳瀬 千恵美(九州大学大学院生)
11:10-12:50 口頭発表:B1  日本研究・日本学 [PR]11:10-11:40
Experiências com o Ryûkyû Buyô: reflexões sobre a identidade artística, a arte e a dançaAlexandre Cardoso Oshiro (サンパウロ大学)11:45-12:15
Estética kawaii e as personagens de Yoshitomo Nara
Simonia Fukue Nakagawa (サンパウロ大学)12:20-12:50
The Japanese Avant-garde and the phenomenon of transculturation
Roberto Pinheiro Machado (リオグランデドスール連邦大学)
11:10-12:50 口頭発表:C1  日本文学[PR]11:10-11:40
O Watakushi shosetsu, a escrita do Inconsciente e amor insensato
Rafaella Denise Lobo Pastana (サンパウロ大学)11:45-12:15
Yukiko – A última neve
Juliana Saito Pinheiro Mascitelli (サンパウロ大学)12:20-12:50
A estruturação de garota do caos de Masahiko Shimada
Neide Nagae (サンパウロ大学)
12:50-13:50 昼食
14:00-15:20 基調講演2[JP] 日本語は誰のものか小林 ミナ(早稲田大学)
15:20-15:40 コーヒーブレーク
15:40-17:20 チュートリアル2 [JP]日本語多読のアセスメント講師:渡部 倫子(広島大学大学院)
18:00-20:00 懇親会

 

本会議3日目

会場:サンパウロ大学日本文化研究所/サンパウロ大学文学部

A:Auditório Kensuke Tamai

B:Sala Multimídia da Casa de Cultura Japonesa

C: Sala de Reunião da Casa de Cultura Japonesa

D: Sala 12 da Casa de Cultura Japonesa

812日(水曜日)

9:00-11:00 受付(1階ロビー)
9:00-12:40 チュートリアル3 [JP] 外国人児童生徒のためのJSL対話型アセスメントDLA講師:櫻井 千穂(大阪大学・日本学術振興会特別研究員)
10:00-12:15  口頭発表C2: 日本文学他 [PR]10:00-10:30
A figura do guerreiro em Konjaku Monogatarishû
Luiza Nana Yoshida (サンパウロ大学)10:35-11:00
AOI OU EU
Flavio Caputo (サンパウロ大学)11:10-11:40
O tempo na obra “Lágrimas da Ignorância” de Norio Nagayama 
Lilian Mitsuko Yamamoto (サンパウロ大学)11:45-12:15
Kakuzō Okakura e seu papel como mediador artístico-cultural entre Japão e EUA
Amadeus Valdrigue (サンパウロ大学大学院生)
10:35-12:15 口頭発表:B2 音声学・日本語学  [JP]10:35-11:05
東京都市圏若年層話者のアクセントにおける個人差
三樹 陽介(国立国語研究所/日本学術振興会特別研究員)11:10-11:40
首都圏方言においておこりつつある母音の変化
久野 マリ子(國學院大学)11:45-12:15
ウチナーヤマトゥグチの実態‐助詞「カラ」「ガ」の用法を具体例に‐
座安浩史(國學院大学大学院生)
10:35-12:15 口頭発表:D2  日本文学・日本文化  [PR]10:35-11:05
Murakami à beira-mar: o diálogo com o ocidente na construção do romance
Michele Sá(ブラジリア連邦大学)11:10-11:40
A poesia de Kojima Masanori: uma oportunidade para repensar a literatura nikkei no Brasil.
Joy Nascimento Afonso (パウリスタ州立大学 )
João Marcelo Amaral Reimão Monzani(サンパウロ大学)11:45-12:15O papel das traduções no intercâmbio cultural de novas religiões japonesas nas AméricasAndréa Gomes Santiago Tomita (サンパウロメソジスト大学/メシアン大学)
12:15-13:15 昼食
13:15-14:45 基調講演3 [JP] 社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育と学習者のアイデンティティ佐藤 慎司(プリンストン大学 )
14:55-16:25 大会企画パネル3[JP]移動する子どもたちの継承語問題  司会:宮崎 幸江(上智大学短期大学部)パネリスト
Eunice Ishikawa (静岡文化芸術大学)
Kyoko Nakagawa (かえるプロジェクト)
宮崎 幸江 (上智大学短期大学部)
16:25-16:40 コーヒーブレーク
16:40-18:00 ポスター発表[P1]    [PR][EN]
会場:1階ロビー
[P1-01]
Um estudo sobre  blogs idols japoneses: representação da língua falada nos seus textosErina Akemi Aizawa (サンパウロ大学)
[P1-02]
A literatura de autoria feminina de Hiromi Kawakami : os prospectos da memória
Priscila Yamaguchi (パウリスタ州立大学-アシス)Joy Nascimento Afonso (パウリスタ州立大学-アシス)
[P1-03]
Escala de conhecimento vocabular: teste de vocabulário de língua japonesa
Monica Yamamoto (サンパウロ大学)
[P1-04]
A view into gencho ronbun: to what extent do japanese original articles follow the IMRD pattern? 
Rodrigo M. L. Aragão (Itaquera College of Technology)
[P1-05]
Contribuições dos pressupostos da era pós-método no conceito de identidade e sua ocorrência no ensino-aprendizagem de língua japonesa
Tassia Maria Oliveira Das Neves  (サンパウロ大学) 
[P1-06]
Mottainainismo: aspecto cultural do povo nipônico
Linda Nishikido  (サンパウロ大学/アマゾン連邦大学)
[P1-07]
As contribuições do jogo digital tobidase dôbutsu no mori no processo de aprendizagem de língua japonesa como língua estrangeira
Stephanie Yuri Tanaka (パラナ連邦大学)
Satomi Oishi Azuma (パラナ連邦大学)
[P1-08]
Jogos em sala de aula: como motivar o aprendizado do idioma japonês brincando
Mário Anderson Guimarães de Souza, Douglas Rodrigues, Lucas Melo e Fred Chacon (セアラ州立大学)
[P1-09]
Jogos e aprendizagem de japonês: relação entre o brincar e o ensino de língua japonesa
Frederick Chacon, Janaína Melo, Lucas Melo e Laura Iwakami (セアラ州立大学)[P1-10]Moe: Análise do uso e tradução no romance Densha Otoko
Leandro Nisishima (サンパウロ大学)
16:40-18:00 ポスター発表P-2 [JP]
[P2-01]
日本の「見えない」文化の継承教育を考える
メキシコ日系人・日本人アンケート調査に基づく分析

松田 真希子(金沢大学)、嶋崎 明美(日墨協会日本語学校)
[P2-02]
ペルーにおける継承語としての日本語教育の現状
阪上 彩子(ペルー日系人協会)
[P2-03]
日本の学校文化における文化スキーマについての一考察
小中学校の学校文書の多言語化プロジェクトを事例に
松永 典子(九州大学)
[P2-04]
非対称的な二言語使用者である日系ブラジル人の読み方略日本の学校配布物理解調査に基づく分析
荒見 亜希子(金沢大学)
[P2-05]
学校プリント読解のストラテジーの解明生活者としての外国人保護者に対する日本語支援の視点から
李 暁燕(九州大学)、本田弘之(北陸先端科学技術大学院大学)
[P2-06]
生涯教育としての継承日本語教育-継承語教育の新たな可能性を目指してー
中沢 英利子(横浜市立大学)
[P2-07]
スペイン語母語学習者による日本語アクセントの実現と評価
中川 千恵子(早稲田大学)、磯村一弘(国際交流基金日本語国際センター)、林良子(神戸大学)
[P2-08]
現代共通日本語の音声特徴母音の無声化によるハリエーションの報告
木野 景子(國學院大学)
[P2-09]
ラジルへの戦後花嫁移住花嫁を受け入れた側とブラジルへ行った花嫁側の聞き取りー
中西 さやか(大阪市立大学)
[P2-10]
「言語景観」としての日本の基礎化粧品表面ラベルにおける外国語の使用
Rodolfo Rocha Silveira Diniz(金沢大学)
[P2-11]
ひら仮名の小書き文字の新しい用法「ぉはよぅ」「私ゎ」などの表記について
竹内 はるか(國學院大学)

 

本会議4日目

会場:サンパウロ大学日本文化研究所

A:Auditório Kensuke Tamai

B:Sala Multimídia da Casa de Cultura Japonesa

C:Sala de Reunião da Casa de Cultura Japonesa

8月13日(木曜日)

9:00-10:30 受付(1階ロビー)
9:00-10:30   A:国際交流基金特別企画パネル  [JP] 『まるごと日本のことばと文化』の挑戦:日本語教育の新しい時代を目指して遠藤クリスチーナ麻樹(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)
磯村 一弘(国際交流基金日本語国際センター)
蟻末 淳(国際交流基金メキシコ日本文化センター)
9:00-10:30 B:ラウンドテーブル2[JP]日本文学と翻訳司会 – Neide Hissae Nagae(サンパウロ大学)話題提供者

杉山欣也(金沢大学)
Shirlei Lica Ichisato Hashimoto(サンパウロ大学)
Oscar Nakasato (パラナ連邦工科大学)
中田みちよ(ブラジル日系文学)

10:30-10:50 コーヒーブレーク
10:50-12:00 招待講演2 [JP] 日本語学習者の非流ちょうな発話を母語話者の自然な発話に変える文節を中心にー定延 利之(神戸大学)
12:00-13:00 昼食
13:00-15:15 口頭発表:A3  日本語教育[JP]13:00-13:30
ラテンアメリカにおける日本語音声教育事情
阿部 新(名古屋外国語大学)、松田 真希子(金沢大学)
磯村 一弘(国際交流基金日本語国際センター/政策研究大学院大学)13:35-14:05
日伯間でブラジル人帰国生が教育の接続に成功するための学校選択
伊澤 明香(サンパウロ大学)14:10-14:40
言語政策理論における継承語教育の諸論点-CEFRの可能性とその利用
福島 青史(国際交流基金サンパウロ日本文化センター)14:45-15:15
自律学習者育成を目指した個人学習プロジェクト
纐纈 憲子(ノートルダム大学)
13:00-15:15 口頭発表B3  日本研究・日本語教育他  [PR]13:00-13:30
Amakusaban Heike Monogatari: análise das estratégias adotadas pelos jesuítas no século XVI para o ensino de língua japonesa 
Olivia Yumi Nakaema (大阪大学)13:35-14:05
O livro didático Japanese for Busy People I: uma análise qualitativa à luz da abordagem comunicativa
Mariana Midori Ikeda Miura (カンピーナス州立大学 )
Ayako Akamine (カンピーナス州立大学 )14:10-14:40
O narrar notívago: considerações preliminares sobre a voz narrativa em ¨Após o anoitecer¨
Antonio Marcos Bueno da Silva Junior (パウリスタ州立大学-アシス)
Sandra Aparecida Ferreira (パウリスタ州立大学-アシス)14:45-15:15
A escolarização da comunidade nipo-brasileira de Registro/SP (1913-1963)
Selma De Araujo Torres Omuro (サンパウロカトリック大学)
13:00-15:15 口頭発表C3: 日本学・日本語教育  [JP]13:00-13:30
紫式部の曽祖父藤原兼輔歌の「心の闇」の意味の再検討
Eunice Suenaga(國學院大學交換留学生プログラム)13:35-14:05
「対照研究、誤用観察、検証調査」三位一体研究 非日本語環境における日本語教育の改善・促進を目指して 
張 麟声(大阪府立大学)14:10-14:40
日本語日常談話における重なりの様相 学習者はなぜ重なれないのか
本田 明子(立命館アジア太平洋大学, 日本)14:45-15:15
会話データからみる日本語学習者の謝罪ストラテジー
郭 碧蘭(真理大学, 台湾)
15:15-15:35 コーヒーブレーク
15:35-17:15 B:ラウンドテーブル3 [PR]「日本語教育と言語接触」司会 – Laura Tey Iwakami (セアラ州立大学)話題提供者

Yuko Takano (ブラジリア連邦大学)
Terezinha de Jesus Machado Maher (カンピーナス州立大学)
Leiko Matsubara Morales (サンパウロ大学)

17:25-17:55 閉会式

One Comment on “プログラム

  1. Pingback: [JP]プログラム公開のお知らせ | EJHIB2015

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: