Invited Speakers

 Plenary Speakers


As of June 25th

Mitsuyo SAKAMOTO

5a7d96b9de7d1c8c10d19c41d04ca023

Date: Monday, August 10th
Speaker: Professor Mitsuyo SAKAMOTO, Sophia University, Japan

Title: Superdiversity within the Japanese-Brazilian community: Exploring language and cultural maintenance among Japanese new- and oldcomers in Brazil [EN]

 


Shinji SATO

bdqswjs1okaux9li3nspoche9kd9ncr

Date: Tuesday, August 11th

Wednesday, August 12th
Speaker: Professor Shinji Sato, Princeton University

 Title: Learner’s Identity and “Language Education for the Global Citizen” [JP]

学習者のアイデンティティと「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」

本講演では、学習者のアイデンティティと「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」の関係について考察する。まず、学習者のアイデンティティが、本人の意志だけではなく、いかに複雑な要因によって決定されているかを「日本語継承語話者」と移動の多い学生の事例をもとに見ていく。その後、現実のコミュニケーションの際、重要な要素となる、話されている場、自分と相手の相互関係、そして、コミュニケーションの目的をことばの教育に取り込むことの重要性を指摘する。そして、実際にことばを用いてかかわるという視点、とくに言語教育におけるコミュニティ参加の大切さについて強調し、その視点を取り込んだ「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育(佐藤・熊谷2011)」を紹介する。最後に「社会・コミュニティ参加をめざすことばの教育」を実現していくにはどうしたらよいか、講演者の行った実践例なども報告し、会場のみなさんと考えていきたい。

プロフィール:
1992年東北大学経済学部卒業、マサチューセッツ州立大学アマースト校修了、修士(東アジア研究)、2008年コロンビア大学ティーチャーズカレッジ修了、博士(教育人類学)。

ハーバード大学講師、ミドルベリーサマースクール講師、コロンビア大学講師を経て、2011年よりプリンストン大学日本語プログラムディレクター、主任講師。現在、言語文化教育研究学会理事、『リテラシーズ』編集委員。研究テーマはことばの教育における自明概念の問い直しとその問題点を乗り越える実践の模索など。
主要業績:
1.『ことば、文化、教育』(共編)2008年、明石書店
2.『社会参加をめざす日本語教育』(共編)2011年、ひつじ書房
3.『異文化コミュニケーションを問う』(共編)2013年、ココ出版

 


 

Mina KOBAYASHI

kobayashi

 

 

 

 

 

 

Date: Wednesday, August 12th

Tuesday, August 11th
Speaker: Professor Mina Kobayashi, Waseda University, Japan

Title: Who owns Japanese language?[JP]

日本語は誰のものか? −日本語教育が育成すべき日本語能力と教師の役割を考える−

日本語教育が育成すべきなのはどのような日本語能力か。教師や教室はそのためにど のような役割を担えるか。本講演では、この問いについて言語とコミュニケーションの観 点から考える。「日本人みたいに話せるようになりたい」「日本人のように日本語が上手だ」といっ た発言を聞くことがある。もちろんこのような発言は,「日本語が上手になりたい」とい う思いや相手の日本語力を誉める気持ちから来ているのだろう。しかしながら、そこから は「日本人みたいな話し方」といったものが存在するという誤解が窺える。そこには日本 語の特徴が影響している可能性がある。この誤解を乗り越え次に進むためには、「社会と は何か」「そこに言語の使い手としての「私」がどう位置づけられるのか」を考える必要 がある。それらの議論を踏まえて、日本語教育が育成するべき日本語能力、日本語教師に求め られる文法教育力について述べるとともに、教育実践の事例を紹介したい。

プロフィール:
1985年青山学院大学文学部日本文学科(国語学専攻)卒業後,ボランティア日本語教室,日本語学校等で日本語を教えたのち,1990年名古屋大学大学院文学研究科修士課程日本言語文化専攻修了,1993年同博士後期課程満期退学。修士(学術),博士(文学)。名古屋大学言語文化部助手,北海道大学留学生センター助教授を経て,2006年より早稲田大学大学院日本語教育研究科教授。日本語教育学会において大会委員,学会誌副委員長,評議員,2012名古屋国際大会実行委員長,副会長などを歴任。研究テーマは教育文法研究、コーパスを使った文法研究,文法教育,コース・デザインなど。

主要業績:
1.『日本語教育能力検定試験に合格するための教授法 37(日本語教育能力検定試験に合格するためのシリーズ)』(単著)2010年,アルク
2.『日本語教育の過去・現在・未来――第3巻 教室』(共編)2009年,凡人社
3.『日本語教育の過去・現在・未来――第5巻 文法』(共編)2009年,凡人社
4.『外国語として出会う日本語(もっと知りたい!日本語[第II期])』(単著)2007年,岩波書店.

Invited Speakers


Nobuaki MINEMATSU

gzy

Date: Monday, August 10th
Speaker: Professor Nobuaki MINEMATSU, University of Tokyo, Japan

Title: Perceptual and structural analysis of pronunciation diversity of World Englishes[EN]

English is the only language available for global communication but its form is altered easily and variously depending on the language background of speakers. If we take two users of English, their pronunciation will show different characteristics, called accents. Today, we often hear the term of World Englishes (WE), where it is claimed that there is no standard pronunciation of English. English is a very useful tool but it is true that, in international context, accents often cause miscommunications. In this talk, the lecturer will show recent results obtained in two on-going projects related to the diversity of pronunciation of WE.

In the first project, his research team objectively measured the intelligibility of Japanese accented English (JE) spoken to American listeners with almost no prior exposure to JE. 100 male and 100 female university students repeated reading given sentences until they thought they could read adequately. Their “adequate” readings were recorded and presented on a telephone line to American listeners who had seen Japanese only on television. The task was just to repeat what they heard and their responses were transcribed word by word. In this experiment, as reference, native utterances were also used and in total, 800 utterances of JE and 100 utterances of American English (AE) were presented to 173 American listeners. On average, one utterance was heard by 21 listeners. Word-based correct perception rates were 89.2% for AE but only 50.0% for JE. It should be noted that all the utterances used were “adequate” for the Japanese speakers. Using these data, we’re developing a technique that takes an English manuscript as input and displays which parts of the manuscript will be unintelligible to American listeners if it is read with a Japanese accent.

Do Japanese have to learn the American accent more or do Americans have to adapt themselves to the Japanese accent more? The lecturer considers that one should be more aware of how diverse WE pronunciation is and where his/her pronunciation is located in the diversity. Currently, we can find a good online resource of WE such as TED talk archive. In the second project, the lecturer’s team is developing a technology that can cluster WE pronunciations by the unit of individual, with which, a global but individual-basis pronunciation map of WE and an accent-based browser of TED talks will be possible. In the experiment, by using the Speech Accent Archive (SAA), the accent gap between any two SAA speakers was defined quantitatively by using their IPA transcripts. After that, the accent gaps were predicted automatically only by using speech signals of those speakers. Results showed that the correlation between IPA-based gaps and predicted gaps is 0.77, which is comparable to the correlation between IPA-based gaps and phoneme-based gaps. In the lecture, some future directions are also indicated.

Nobuaki Minematsu obtained the Doctor of Engineering degree from Graduate School of Engineering, the University of Tokyo in 1995 and is currently a full professor there. He has a very wide interest in speech communication covering from science to engineering. He has published more than 400 scientific and technical papers including conference papers. They are related to speech analysis, speech perception, speech recognition, speech synthesis, speech applications especially related to CALL, etc. He received paper awards from RISP, JSAI, ICIST, and O-COCOSDA in 2005, 2007, 2011, and 2014 and received an encouragement award from PSJ in 2014. Recently, he gave tutorial seminars on CALL at APSIPA2011 and INTERSPEECH2012 and more than fifty OJAD tutorial workshops all over the world. He also gave invited talks or keynote talks at ICIST2014, PAAL2014, and O-COCOSDA2014. From 2015, he is a distinguished lecturer of APSIPA. He is a member of IEEE, ISCA, IPA, SLaTE, APSIPA, IEICE, ASJ, etc.

Toshiyuki SADANOBU

写真

Date: Thursday, August 13th
Speaker: Professor Toshiyuki Sadanobu, Kobe University, Japan

Title: Japanese phrases in speech

日本語発話におけるフレーズ

日本語の先生は,日本語の「文」(主部+述部)を教えます。だから,学生さんたちは,「文」単位でしゃべろうとします。しかし,実際の日本人は,「文」ではなく,「文節」と呼ばれるフレーズを単位としてしゃべっていることがとても多いのです。この講演ではまず,文節単位のしゃべり方を可能にするいくつかの規則(いわば「文節の文法」)を,皆さんにご紹介したいと思います。続いて,そのしゃべり方をどのように教えればいいのか,具体的な方法論を皆さんと一緒に検討したいと思います。学生さんたちが自然な日本語をしゃべれるよう,日ごろ力を尽くされている先生方のお役に少しでも立てれば幸いです。

プロフィール:
1962年生。神戸大学大学院国際文化学研究科教授。1991年神戸大学教養部講師着任。国際文化学部講師、助教授、教授を経て、2007年より現職。京都大学大学院文学研究科言語学専攻修了。博士(文学)。専門は日本語を主軸とする言語学・コミュニケーション論。無視されがちな「周辺的」な諸現象の考察を通じて,言語・コミュニケーション研究の前提に再検討を加えている。

【主要著書】『日本語社会 のぞきキャラくり』(2011年,三省堂),『煩悩の文法』(2008年, 筑摩書房),『日本語不思議図鑑』(2006年,大修館書店),『ささやく恋人,りきむレポーター』(2005年,岩波書店),『認知言語論』(2000年,大修館書店),『よくわかる言語学』(1999年.アルク)。【最近の主要論文】“The competitive relationship between Japanese accent and intonation”(Japanese Speech Communication 1,2012年),「身体としてのことば」(『通訳翻訳研究』11,日本通訳翻訳学会,2011年),“Evidential extension of aspecto-temporal forms in Japanese from a typological perspective”(Cahier Chronos 23,2011年,Andrej Malchukov氏と共著),「コミュニケーション研究からみた日本語の記述文法の未来」(『日本語文法』11,日本語文法学会,2011年),「会話においてフィラーを発するということ」(『音声研究』14, 日本音声学会,2010年),「話し手は言語で感情・評価・態度を表して目的を達するか?」(『自然言語処理』14,言語処理学会,2007年)。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s

%d bloggers like this: